本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

Black or White

2020-06-25
Stievie/Paulの「Ebony and Ivory」も良いけど
今日はPopなこの曲の方を聴いている
 
今世界中で大きなうねりとなっているBLM
日本人もcoloredなので差別対象である
決して対岸の火事ではない
 
オーストラリアを旅していた時は
言葉やサービスなどであからさまな差別を受けた事はなかった
今思えば移民の国であることで救われたことがあったのだろう
しかし、homestay先の友人Glenはジジイなので
彼のジョークは、ほとんどが差別のニュアンスを含んでいる(と感じた)
その時の気持ちを上手く表現できなかったのが悔やまれるが
ChineseやPhilippineが大勢いても意に介さず
我々には理解できないし、もちろん笑えない
あまり気分の良いものではなかった事は記憶している
おそらくは一種の文化なのだろうと解釈し
ジジイの戯言と片付けていた
 
もちろん差別は肌の色だけでは無い
人種、出生、体格、障がい、疾病
ヒトとは、須らく何かを、誰かを見下して
生きていたい生物なのだ
まさに我々はそういう時代を生きている
 
ここまで書いて、気づくと
Michaelの曲は少し暴力的に聞こえてくる
Paulの作品であるEbony and Ivoryの方が
柔らかく歩み寄っている感がある
だが今日はMichaelの曲を聴き続けることにする
 
It don't matter if you're black or white.
 
I do love Japan!!

Gift from Prime Minister

2020-05-31
待ちわびたモノが漸く届いた
 
弊事務所は数年前から警備員を雇用している
彼は、誠実で愛するものを守りたいという気持ちが
人一倍強い強い人物である
しかし、その純粋な気持ちが若さゆえの過ちを引き起こし
全身にやけどを負い自然呼吸もままならない身体となってしまった
サイボーグ化手術により一命は取り留めのだが
この出来事が皮肉にも彼の潜在能力を開花させ
彼は全銀河の反乱軍に恐れられるほどの存在となってしまったのだ
 
Anakin Skywalker
今の彼は私にとって歳の離れたかけがえのない友人であり
昼夜を問わず事務所を護ってくれる心強い存在であるのだが
昨今の新型コロナウィルスの蔓延による健康面での不安が
いつにもまして彼を消極的にさせていた
 
だがそれはもう過去の事
いつになったら届くのかと一日千秋の思いで待っていたモノが
過日、ポストに投函されたのだ
鼻と口を隠すには少し小さめではあるが
首相肝いりの政策によるものだ
きっと殺人ウィルスから完璧に彼を護ってくれることだろう
 
ご丁寧にも二枚届いたこのマスク
鼻と口それぞれに一枚ずつ使用しようか
それとも一枚は寄付しようか
Anakinの意向も踏まえ検討しているところである
 
May the forth be with him never again.
 
I do love Japan!!

3.11

2020-03-11
あの日から9年が経った
 
多くの人が、様々な形であの日を振り返っていることだろう
 
私も恒例となっているYahooの3.11検索でのプチ寄付を行い
過去に私が書いた3.11のブログを読み返した
防災について考える機会でもあるので
事務所での災害への備えをチェックしてみた
 
元来アウトドアが趣味なので
そりゃぁグッズは出てくる出てくる
 
ガスストーブ 2台
ガソリンストーブ 2台
アルコールストーブ 1台
エスビット 1台
予備のガスカートリッジ 4コ
卓上ガスコンロ 1台
カセットガス 3本
ガソリン 2L
テント 3張
寝袋 3枚
キャンプ用マット 3枚
ポータブル発電機 1台
ナイフ 6本
懐中電灯 無数
乾電池 30コ(数種)
登山用ヘルメット 1コ
水 48L
米 3合
アルファ―化米 36食
焼き鳥缶詰 8食
カップ麺 2コ
薪 20キロ
木炭 5キロ
(焚火台あり)
ワイン 7本
ウィスキー 6本
屋根には太陽光発電システム
 
この事を妻に報告した時の一言
「自分だけ助かるつもり?」
(;´・ω・)
いやいやそーじゃなくて…
 
もしもの時には弊事務所にお越しください
 
I do love Japan!

New Hero

2020-02-08
今週はやっと本格的な冬が到来し
厳しい寒さが老体に堪えたが
気分は上々であり、サクサクと業務をこなした
未だ興奮冷めやらぬ週の終わりに
SuperBowlのおさらいをしておこう
 
私の予想はほぼ的中したと言ってもいいだろう
↑自慢
 
立ち上がりの攻撃
KCがpuntに終わったのに対し
SFはキッチリとFGによる得点に結びつけた
しかし次のseries
endzoneに自ら走り込んだMahomesを見て
私はKCの勝利を確信した
なぜならMahomesの落ち着きが
正に王者のそれであったから
SS TarttとRB Williams
両者の動きを見極め、passのfakeを入れつつ
最終的には自らのrunでのTDを選択

SuperBowl初出場で
こんなに落ち着いたplayができるQBを
未だかつて見たことがない

3Qで10点の差をつけられ
2019season playoff初のinterceptを喫しても
私はKCの勝利を疑わなかった
そして彼の落ち着きがteam全体に伝わったことで
defenseに勇気を与え、offenseが奮起し
4Qの逆転劇へと繋がったのではないだろうか
 
恐るべき24歳
久しぶりに私をワクワクさせるQBが現れた
 
一年で最も楽しみにしている日が終わった
あと360日を私はどう過ごせば良いのか…
もちろん仕事一筋!である
 
I do love Football!!
 
I do love Japan!

Super Bowl LIV

2020-02-02
本年最初の小欄更新が
SuperBowl前日になろうとは…
まさに Time Flys.
 
さて
まずは出場チームの紹介
 
AFCの覇者はKansasCityChiefs
ここ10年はpley offの常連となっているが
Super Bowlでの勝利となると1970年の第4回大会まで遡る
記憶に残る試合は無いが
QBのMahomesに対しての印象は強い
passerとして超一流なのは言うまでもないが
やはり痛快なのは自身の機動力
passと読んでdefenseが下がったとみるや
その隙間に走りこむ
blockerの先導があろうがなかろうがrunで距離を稼ぐ
最高のrunnerとしての素質も兼ね備えたQBである
 
対するNFCはSF
1980年〜90年代に栄華を極めたSFは2012シーズン以来の出場
この時の相手はBaltimore、QBはKaepernickであった
試合には敗れ、私が今でも敬愛して止まない
Ray Lewisの引退花道を飾ることとなった
それ以来、SFの成績は低迷
地区の最下位争いを続けていたが
2017年、NEから移籍したQB Garoppoloが覚醒
堂々のNFL第一シードから
Lombardi Trophyを目指す
 
明日の試合…
私は38対24でKansasの勝利と予想
 
基本的に両チームともにdefenseのチーム
シーズン中のKCはrun defenseに苦しんだ
それでもconference CS では
Tennesseeの強力run offenceを抑え込んで
見事勝利を勝ち取った
もちろんoffenseは強力にして多彩
総合力でKCがSFを上回っていると感じた
 
明日は、もちろん試合結果を気にしながら
全力で業務をこなし
17:08には事務所を後にし
自宅でビール片手に録画にて観戦の予定
心あるお客様達、17時以降の連絡は
ご遠慮いただきたくお願い申し上げる
 
I do love Football!!
 
I do love Japan!
三浦測量登記事務所
〒470-1112
愛知県豊明市新田町子持松3番地9
TEL.0562-92-4100
FAX.0562-92-5652
測量及び表示に関する登記申請
TOPへ戻る